So-net無料ブログ作成

「効果100%」のエボラワクチン開発か WHO発表/ヤフーニュースより [日記・雑感]


世界保健機関(WHO)は7月31日、カナダ政府機関などが開発したエボラ出血熱のワクチン「VSV―EBOV」の臨床試験の中間結果で「100%の効果」が確認されたことを明らかにした。エボラ出血熱対策で一大転換点となる可能性がある。この臨床試験の結果は、英医学誌ランセットに投稿された。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00000073-asahi-int

一時騒がれたエボラ
ワクチン開発は、日本企業も手掛け、話題にもなっておりました。
しかし100%の効果とはすごいですよね。

人間社会には沢山の克服できない病がありますが
その内すべてが克服でき
人は病気を克服し、
与えられた寿命を全う出来る世の中が訪れるのでしょうか?

野口英世博士は
黄熱病の研究中に自身も罹患し、
1928年5月21日、ガーナのアクラで51歳で死去しています。

新しいワクチン開発には犠牲も免れません。
研究は常に危険を伴うのかと思います。
研究に挑んだ方々は危険と戦い
勇気を持って成果を上げられたのかと思います。




スポンサーリンク



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。